アイラちゃんと新生活

生後2ヶ月から 2歳半まで保護センターで過ごしたキャバリアの女の子、アイラちゃんと我が家の新生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
ブログランキングに参加中です。クリック1票お願いします!
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世間知らずの犬飼いさんへ~殺処分反対とか保健所最低とか簡単に言うな!

先日から、先送りになっている記事のテーマ・・・(汗)

1.書きかけて、眠くて断念した 『犬に優しい自治体』と『犬に優しい地域社会』を考える
   今、その記事を見ると、眠くて変な文字がいっぱい入ってる!! 失礼しました。

2.アイラちゃんの後輩犬のオクラちゃんのこと


上の二つに関係することを、今日は軽く書こう・・・・。
特に1については、真剣に書きたいので、また今度の機会に熱く語ることにします~。


今日は夜中なのでダラダラ書きますので、読みにくいかも。

~・~・~・~・~

実はさきほど、滝川クリステルさんのブログが更新されましたー。
いつもチェックしているわけではないのですが、たまたま見たら更新されてました(笑)
その記事は、こちら。「シェルター」というタイトルです。

この記事でクリステルさんとドッグシェルターで預かっている保護犬たちが一緒に写真に写っています!
その中で、『この子は、本当に人恋しかったのか、私にずっとべったり・・・・」
という書き出しで紹介が始まる茶色いワンコ。それが、こちらの記事で紹介した
例のオクラちゃんです。クリステルさんがオクラちゃんと命名してくださったそうです。
現在は、アイラちゃんもお世話になったお預かりのパパ、ママのお宅で、幸せの糸を待っています。


2010_0614_20.jpg
オクラちゃんです!なんてかわいらしいんでしょう!

ドッグシェルターのプロトレーナーさんによる、オクラちゃんの分析、紹介文はこちらです。

わたしも実際にこの子と会いましたが、本当に人間に良く慣れています。
年齢は、1歳半~3歳くらい。
抱っこをすると、すぐに体を委ねてきます。そして、頭をすりすりしたり、
顔を腕にうずめたりして、甘えるしぐさをします。
人間に甘えること、かわいがられることを良く知っている子。
普通の家庭での多頭飼いの一頭だったそうですが、全員まとめて保護センターに
持ち込まれたそうです。


アイラ坊のカートに入れてみましたよ。


2010_0627_2.jpg
んん?やけにおさまりがいい感じ。


カートは慣れているのかな?
ちっとも怖がりません。


2010_0627_3.jpg
こんな風に、カートのフチにアゴをひっかけて寝たり。

カートでのくつろぎ方を知っている?

歯を見たら、すごくきれいでした。

そんな様子でしたので、きっとかわいがられていたんだろな・・・
と想像します。


~・~・~・~・~

このブログを読んでいる方は、ワンちゃんを飼っている方がほとんどですので、
保健所の殺処分反対!・・・とほぼ全員の方が思っていらっしゃると思います。

そして、保健所に犬を連れていく人を、
「信じられない」「理解できない」「そういう人間は私とは違う」「許さない」
もっときびしい表現をする方もいるでしょう。

自分の大切な家族と同様の命あるものを、殺処分機へと送る「理解できない人間」と
考えていらっしゃる方がほとんどだと思います。

そして保健所での犬猫の殺処分反対!即禁止すべき!」と考えていると思います。
先日発売されたアエラの「犬にやさしい自治体」という特集を、手にとって読めば
そして、犬を安易に殺している自治体を見つけて、「あーこの県最悪!」と考えるでしょう。

~・~・~・~・~

すべての犬飼いの方に、提案したいことがあります。

もし、「保健所での犬の殺処分反対!」そう真剣に思うのであれば、
『犬を保健所に連れていく人の気持ち』をじっくりと考えてみませんか?
どうして、犬を保健所に連れて行ったのだろう、ということを。
本当に、おもちゃのように犬を扱ってきた人だけが犬を保健所に連れていくのでしょうか。

 「そんな人たちのことは理解できないし、私には関係ない人たち」
と、そんな風に切り捨てては、絶対にいけない。


よく、蔑んだ表現、人非人として切り捨ててしまう人が多いのですが、
それでは絶対にいけないのです。そんなこと、絶対にしちゃいけない。

むしろ、逆だろうと思う。

もし、本当に犬にとって暮らしやすい社会を切望し、無駄に殺されてしまう犬の数を減らしたい
と真剣に考えているのであれば、同じ犬飼いとして、犬を保健所に持ちむ人の気持ちを
自分のこととして想像するくらいに身近なものとして考えるべきだと思うのです。
そうでなければこの問題は永遠に解決しない。

なぜ、犬を保健所に持ち込まなければならないのか。
どうして、一緒に暮らしていたはずなのに、殺してもらいに行くのか?

一般の人が犬を保健所に持ち込む時、何が起きているのか。

「わたしは絶対そんなことしない。」
「何があっても保健所になんて連れて行かない。」


本当にそうでしょうか?

その、保健所に犬を持ち込んだ人と同じ状況に追い込まれたとき、
本当に犬を保健所に連れて行かないでしょうか。


2010_0627_4.jpg
すぐにオクラちゃんは、アイラちゃんと一緒にカートでねんねしてしまいました。
カートは居心地がいいって知ってるのかもしれません。


~・~・~・~・~

人間が極限の状態に追い込まれる時。

人間というものは複雑です。
いわゆる生死の淵だけではなく、自分の社会的地位が脅かされる時、
また精神的なダメージでも、パニックになり、極限の状態になる。


わたしはボランティアを通して、人間が極限の状態にある場面を目の当たりにしてきた。
本当の極限状態にあるとき、人間は判断力をまったく失う。
優しさ?モラル?親心?慈悲?そんなもの関係なくなる。
自分だけを守ろうとする人もいれば、何もかも自分で傷つけてしまう人もいる。


極限の状態にあるとき、わが子をピストルで撃つ。
「きっと天国に行けば楽になれる。」
「この世にいるとかわいそうなだけ。生まれ変わって幸せになってほしい。」

わが子を道端に捨てる。
「自分といるのは一生不幸になるだけ。私が今ここでこの子を捨てたほうが、
誰かに拾われて幸せになれる可能性がある。」

ボランティア団体に子供を託す。
「きっとこれが神が決めた運命。これで幸せに近づく。」

極限の状態にあるひとたち。

私はその人たちを責めることができない。
人は極限の状態に陥ると、正常な判断力を失い、愛情、優しさが、普通とは
違う方向に向かってしまう。
そんな人たちをたくさん見てきた。
たまたまその人たちが、極限の状態にある。
もし私だったら?

だから私は、犬を保健所に連れていく人のことも、ひとくくりに責めることができない。

保健所に犬を連れていく人にも、さまざまな、複雑な事情がある。
大きな悩みを抱えた人たち、時間に追われた人たち。
家族を抱え、責任の重圧に押しつぶされそうになっているお父さんたち。

その人たちが、里親を探す余裕があると思いますか?
インターネットで、愛犬を託す人を募る余裕があると思いますか?
そんなときに思い浮かべるのは、やはり、行政の行うサービスです。


もしかしたら、最後の最後に、
「保健所に連れていけば、もしかしたら誰かがもらってくれるのかもしれない。」
保健所から犬をもらうという話も聞く。
だから、運が良ければ誰かが育ててくれるかもしれないと、そんな藁をもつかむ状況なのかもしれない。

~・~・~・~・~

わたしは、すべての犬飼いの方に、提案したいのです。

もし、「保健所での犬の殺処分反対!」

そう真剣に思うのであれば
どうして、人は犬を保健所に連れて行くのだろう
ということをじっくり考えてみませんか。

ブログネタとして、ヒステリックにそういう人たちを切り捨てたり、蔑んで見る人たち。

私には関係ないなんて絶対に言うな!

同じ犬飼いの人間がしていることなんです。
社会の一員として生きる人間なら、関係ないなんて言うな!
社会の一員として生きている気持ちがないなら、危険だから、犬なんて飼うな!
同じ犬飼いの気持ちを理解して、世の中を変えていくには
同じ犬飼いがこの問題を考えることが必要なんです。


保健所の殺処分機を利用している人はさまざまです。
業者、ブリーダー、一般の人。

犬を飼っているなら、保健所に犬を持ち込まなければいけない状況に
自分も陥る危険がいつでもあるということを感じるべきです。


そして、同じ犬飼いが社会で生活していく上で、いろいろな場面でできることがあるはず。
その話はまた別の機会に書きたいと思います。



にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
ブログランキングに参加中です。クリック1票お願いします!
  1. 2010/06/27(日) 16:05:22|
  2. 毎日のこと
  3. | コメント:10
<<国立で夜ごはん | ホーム | お詫びにキャバリアあげる&募集お知らせ>>

コメント

アイラちゃんのおねえさん、おひさしぶりにコメントします。
オクラちゃんかわいいですね。
きっとかわいがられていたんだろうな。
私は犬の殺処分には絶対反対です。本当にそう思っています。
だけれど持ち込む人がどういう気持ちなのかというのは
あまり考えたことがなかったかもしれないです。
現実問題として持ち込む人がいる。
そちら側の意見も大切なんだと今気が付きました。
すごく大きな問題提起だと思います。
保健所の引き取りがなくても、人間の抱える問題がなくならない限り、なくならない問題ですね。
なんだろう。オクラちゃんの顔を見ていたら、人間社会の悲しさを感じます。
この問題提起、深く考えたいです。
  1. URL |
  2. 2010/06/27(日) 17:44:54 |
  3. ニーナ #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2010/06/28(月) 09:58:10 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

お姉さんこんにちは!
この記事を読み、とても悲しくなりました。
なんだろう。
オクラちゃんの飼い主さんは本当にオクラちゃんをかわいがっていたんでしょうね。
いつも犬の立場から考えるようなことが普通になっていました。
すごく胸に突き刺さりました。
人間がどうしようもない状況に陥った時、その人の最後の最後の決断。
その人にてをさしのべたいです。
きっとそれは犬の愛護ということだけではありませんね。
  1. URL |
  2. 2010/06/28(月) 11:15:45 |
  3. みさと #
  4. [ 編集 ]

拝読しました。

はじめまして。
アイラちゃんのかわいい姿が大好きで時折寄らせていただいています。
こちらの記事拝読させていただきました。

私は個人で犬の保護活動をしています。
もう100匹近く送り出してきました。

実は以前、こういうことがありました。

たまたまセンターへ引き出しの件で行ったときに、外で犬を抱いて泣いている老夫婦を見ました。
しばらく気になって、また戻ってきてみたらまだその場で泣いていらしたのです。
思わず声をかけました。

大変複雑なご事情をお抱えでした。
そのことはここでは書けません。
あまりにも悲しいご事情でした。
愛情をかけて育ててきた我が子を仕方なく手放さなければならない。
どなたかもらってくれることを願っていると。
すぐには殺されませんよね、こんなにかわいい子なので誰かもらってくれますよね。
とすがるように聞かれました。

私は、持ち込みは即処分の対象ですとは、そのご夫婦には言えませんでした。
憔悴しきっている老夫婦にそんなことは言えませんでした。
代わりに、わたしが飼いますと言いました。

今、我が家にそのヨーキーの女の子はいます。れいなと言います。
この子は里子に出さずに、私が育てようと決めました。
時折、ご夫婦からお手紙をいただきます。
こちらもお写真をお送りしています。
本当にかわいがられていた子のようで、甘えっ子で仕方ないです。

私も同じように持ち込みする人たちを一緒くたに非難することはできません。
言ってしまえば、社会の問題です。
だから、非難することは絶対にできません。

そして、センターでの犬の収集に関しても、殺処分に対しても。
反対と声を荒げているだけではものごとはすすまない。
そう考えています。

なぜ人は保健所に犬を持ち込むのか。
そうしなければならない人がなぜいるのか。

私もそれを考えることは非常に重要なことだと思っています。

貴重な意見ありがとうございました。

  1. URL |
  2. 2010/06/28(月) 12:00:09 |
  3. れいなの母 #
  4. [ 編集 ]

私の知人に、行政関係者がおります。
彼は、以前は税金関係の仕事でしたが現在は保護センターの職員です。
犬が大好きな人です。
私は、「ヤナ仕事でしょ?」とついポロリと言ってしまいました。
彼は「仕事は選べないんだよ」と・・・・
ねえさんのお話を聞いて、私って最低の人間だと思いました。

私、以前の仕事で動物愛護団体におっかけられたことがあります。
ドッグパークの時もちょっとだけ参加して・・・・
それ以来、そういった活動をする人たちから距離を置いています。
うまくは話せないけど、そういった人たちの活動に参加することが怖いというかどうしていいかわからないというか・・・・
言い訳ですね。
犬は大好きです。助けたいと思います。
でも、私はクジラも食べるし、牛も食べる。
イノシシなんて駆除しちゃってます。
うちの方は野犬が多くて、10頭以上の野犬に出会うと正直怖い。
どうして、こんなに犬を捨てちゃったりするの?と思う。
そんな矛盾を抱えてます。


  1. URL |
  2. 2010/07/02(金) 10:28:15 |
  3. どすこい #
  4. [ 編集 ]

414:ニーナさんへ

ニーナさん、こんにちは!
お久しぶりです。

オクラちゃんも本当にかわいいんですよ。
今発売されている25anに、滝川クリステルさんと一緒に出ていますので
お時間あったら本屋さんで立ち読みしてください!

犬の殺処分は悲しいことですよね。
できればないほうがいいに決まっています。
なくせるものなら、なくしてほしい。
わたしもそう思っています。

でも、もっと先に犬の飼い主が考えなければいけないことがあると思うんです。

なぜ人は犬を処分するために保健所に持ち込むんだろうか。
そして、なぜ保健所は犬を殺処分しなければならないんだろうか。

殺処分反対!とか、持ち込む人を罵倒することなんかじゃなく、
なぜ持ち込むのか、なぜ殺処分をしているのかを考えましょうよと。

完全に犬を物として持ち込む人、悲しい境遇のために持ち込む人、
ビジネスの一環で持ち込む人。色々いると思います。

でも、実はその人たちって自分たちとつながっているっていうことを
もっと意識すべきだと思うんです。
自分たちが支えているペットビジネスの悲しい結果だということを
もっと意識していかなくてはならないと思います。

ありがとうございます!
  1. URL |
  2. 2010/07/06(火) 00:27:50 |
  3. アイラのねえさん #
  4. [ 編集 ]

414:鍵コメさんへ

鍵コメさん、こんにちは!

このカート、快適です!アイラ坊は前の子たちよりも小さいので、
このくらいのサイズでぴったりです!でも、たたむときにちょっと面倒くさいのですが・・・(笑)

鍵コメさんのわんちゃん、大変だったんですよね。
うちの前のワンコも大変な思いをして、ああ、同じような方が
いらしたと思って。そういう時、逆にがんばってしまいますよね!
早く新しい環境に慣れるといいですね。う~ん。
お留守番ですが、クレート訓練をして、安心できる場所をつくってあげるといいのかな。
アイラ坊は、ドッグシェルターのトレーナーさんがクレートトレーニングを済ませて
くださって、アイラ坊にとってはクレートは安心できる場所になっているんです。
鍵コメさんのわんちゃんの特性や体のこともあるから軽率なことは言えないのですが
信頼できるトレーナーさんを見つけて相談されると今後鍵コメさんもワンちゃんも
だいぶラクになるかもしれないですね。

犬を保健所に持ち込む人。
身勝手な人もたくさんいますけど、でも、この日本でも差し迫った状況の人も
たくさんいるんですよね~。悲しいですね。
だって、年末とか3月末とか、犬の持ち込みが増えるんですから。
それに日本の恥の文化というか、自殺者が多い現状。
そういうものも相まって、周りに相談できないという人も多いのかなと思います。
そういう時、保健所に捨てる理由を本当のこと言ってるかな。
最後の最後に変なプライドが出て、「かわいくなくなったから」なんて
自分のすることの怖さを、悪人を演じてなんとか切り抜けようとしているかもしれない。

うちの近所に、お年寄りが病気になって持ち込まれたワンちゃんがいますよ。
とっても溺愛されていたワンちゃんのようです!

おっしゃる通り、自分に何かが起きて、窮地に立たされてしまった時。
そういう時って、助けてくれる人はいないかもしれない。
頼れる人は誰もいないかもしれない。もしかしたら、まわりはみんな敵だって
考えてしまっているかもしれない。
なぜなら、正常な判断力を失っているかもしれないですからね。
そうなんです。
犬をどうにかしてあげたくても、保護団体は受け入れなんてしてくれませんよね。
もうどうしようもなくなったらやっぱり保健所って、思ってしまうかもしれない。

犬を飼う人は日々の生活の中でほんの少しのこと、周りへのやさしさとか、気遣い、
また自分の生活を律することで、それがワンコのためになるのかもしれないって
考えていければいいですよね。

いつもありがとうございます!
  1. URL |
  2. 2010/07/06(火) 00:28:45 |
  3. アイラのねえさん #
  4. [ 編集 ]

414:みさとさんへ

みさとさん、こんにちは!

オクラちゃん、かわいいですよね~。実物も本当にかわいらしいんですよ。
ものすごく甘えっ子だし。
可愛がられていたんだろうなとすごく思います。
持ち込まれた理由はわからないけど、愛情を注がれていたことだけは
事実だろうと。

犬を飼っていると、一般的な人たちの考え方を忘れがちになりますが、
犬を飼っていない人にとっては、犬を家族と考えることって違和感感じる人
がいると思います。いや、むしろそういう人が大多数だと思うんです。

犬の飼い主はそのことをもっと意識するべきだと思います。
とくに毎日犬のブログばかり見ていると、そういうことを忘れがちになって
しまうのですが、本当は犬を連れてあちこち出かけることさえ、違和感を
感じている人は多いと思います。

そういう社会の中にいるときに、窮地に立たされた人はどうしなければならないのか。
どんな気持ちで保健所に連れて行ったんだろう。
これを考えることは犬の飼い主の責任だと思います。

どうもありがとうございます。
  1. URL |
  2. 2010/07/06(火) 00:29:13 |
  3. アイラのねえさん #
  4. [ 編集 ]

414:れいなの母さんへ

れいなの母さん、こんにちは。

貴重なお話ありがとうございます。
もちろん犬を保健所に連れていく人は様々ですが、どうしようもなくなって
最後に行政を頼っている人も多いと思うんです。
日本の状況を考えると、収入が減ったとたんに犬と暮らせる住居すら確保が
難しいですから。
また、都市部の住環境を考えると、犬を飼うことによって隣人とのトラブルも
多いかと思います。
冷静な時には、犬を誰に託すかについて、いろいろなことを考えることができるでしょう。
でも、時間がない時、正常な判断ができない時はどうだろうか。

だからこそ、飼い主はいつでも犬を保健所へ連れていく人の気持ちを自分のこととして
考えておく必要があると思うのです。

わたしには関係のないこと、わたしには理解のできない人たち、そいういう態度では
絶対にいけない。いつ自分に降りかかるかもわからない世の中ですから。
そして、もし本気で社会が犬の暮らしやすい場所になることを望んでいるのであれば
普段からそういったことを考えて、暮らしの様々な場面で考えることも必要だと思うんです。

れいなちゃんは本当にラッキーでしたね。
そしてそのご夫婦もラッキーだったとしかいいようがありません。

なぜ保健所に犬を連れていくのか。
そして、なぜ保健所は犬を殺さなくてはならないのか。

それをいつでも考えないといけませんね。

ありがとうございます。
  1. URL |
  2. 2010/07/06(火) 00:29:44 |
  3. アイラのねえさん #
  4. [ 編集 ]

414:どすこいねーちゃんへ

どすこいねーちゃん、こんにちは!

保護センター職員の方がお知り合いなんですか。
そうなんですよね、その方々ってお仕事なんですよね。
お仕事でワンコを処分しなければならないだけだと思うんです。
アイラちゃんは、赤ちゃんから保護センターで暮らしていたわけなんですが
この子を見ていると本当に可愛がっていただいていたんだろうなと毎日思うんです。
保護センターの方々は愛情を持って育ててくださっていると。

自治体はなぜ犬の殺処分をしているのか。

狂犬病予防法、動管法の存在。
では、本来の意味の殺処分ってなんなんだろう。
そういうことを考えるべきだと思うんです。
そこからだんだん道が逸れてきているのか。

こういう行政のサービス、無料で、安く、誰かが、やってくれるサービスって
どうしても違う使い方をする人も出てくるものなんですよね。

簡単に殺処分禁止にできない理由。
たくさんあると思うんです。
おっしゃる通り、野犬の問題。
殺処分がなくなったら、引き取りもハードルが上がるでしょう。
都市部から山へ犬を捨てに行く人も増えるでしょう。
現状日本は小さな政府を目指していかなければならない中、殺処分をなくすなら
根本的にペット社会自体を変革する必要があると思います。

ペット税の導入、完全登録制、ペットを飼う資格審査導入など。

保護犬を迎え入れる場合は、保護団体も保護センターも飼い主側の審査をしている
ところがほとんどだと思います。これがかなり厳しいです。
団体によって違いますが、色々見ると、一人暮らしはダメ、お年寄りはダメ、
持ち家でなければダメ、若い夫婦はダメ、結婚したばかりはダメ、
正社員じゃないとダメ、年収の制限などなど。
今ワンちゃんを飼っている方でも、この審査に通らない方多いと思います。
でも、ペットショップでワンコを飼う時、なんの審査もありません。
ワンコを飼うためのトレーニングもありません。

矛盾していますよね。

動物愛護団体に追いかけられた話・・・
えーとあまりコメントできないのですが(笑)
正直、かかわらなくていいと思います!!ほんとに。

犬の飼い主さんは私も含め、ワンコのためにできること、たくさんあると思うんです。
普段の生活の中で。たくさんありすぎだと思うんです!
たとえば、ワンコを飼おうとしている人に、「ワンコを飼うのは、たくさんの
幸せもあるけど、苦労もたくさんあるよ。」って、現実を教えてあげることも
大変に重要な個人活動だと思うんです。

私は人間のボランティアをやっているのですが、私たちの活動の基本は
「ボランティアの仕事だけを黙々とやる。」これだけ。
絶対に、他人に意見すること、攻撃すること、勧誘することは禁止です。これが鉄則。
これが自分達の本来の活動を継続していく上で一番重要なことなんです。
だからあえて他人に意見もしませんし、依頼、勧誘もしない。
興味を持ってくれる方には、説明はする。
だけど、絶対に依頼や協力要請なども絶対しない。
やりたいと言われても、続くかわかりませんから。
その活動が社会の中で特殊なものとして扱われてしまわないように。
ほかの人たちが興味を持って見てくれるような雰囲気をつくること。

ボランティアっていうのは、その活動が長く続かなくては意味がないんです。
もちろんある一瞬でも手伝ってくれる人がいることは重要ですが、
その団体の活動自体は継続されるものでなくてはならない。
甘い気持ちでやっちゃいけないんです。
なぜなら、その活動の継続性、非継続性によって影響を受けるのは
活動の対象なんですから。逆に事を悪化させてしまう恐れもある。
だからこそ、社会の中で違和感なく存在することが大切だし、
なにより、自分たちが黙々と仕事をすることだけが目的であることを
絶対に忘れてはいけない。

なーんて、自分の活動についてはあまり語りませんが、ワンコについては
完全にアウトサイダーなんで、思いっきり色々意見を今後もしていきたいと
思います。

いつもどうもありがとうございます!
  1. URL |
  2. 2010/07/06(火) 00:36:28 |
  3. アイラのねえさん #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アイラのねえさん

Author:アイラのねえさん
キャバリアの女の子、アイラちゃんが、キャバリア大好きの我が家に2009年5月1日にやってきました。

ロケーション: 東京都

アイラちゃん: キャバリアの女の子。2006年5月ごろ生まれ。保健所でふれあい犬として2年間活動。2009年5月より、普通のお家で楽しく生活することになりました。現在5.3キロ。

ねえさん: アイラ『ママ』とか呼ばれることを断固拒否中のブログ作者。写真を撮るのが超絶にヘタ。

ちぃねえさん: ねえさんの妹で既婚者、よく実家である我が家で昼寝をしている。

おばあちゃん: ねえさんとちぃねえさんの母。歴代ワンコに対し『わたしはママじゃなくておばあちゃんよ』と名乗ることがラクに生きるコツらしい。

アイラちゃんのお姉ちゃん、お兄ちゃん
シェリル ♀ キャバリア:  天国にいます
カイル ♂ キャバリア:  天国にいます

クリック1票お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

あしあと

おきてがみ

気になるトラコミュ

・ キャバリア
・ キャバリア大好き
・ 愛犬、ワンちゃん、イヌ、いぬ
・ 愛犬とお出かけ
・ 犬と暮らす生活
・ デジタル一眼で可愛くわんこを撮ろう

ありがとう!


DOG SHELTER
アイラちゃんはDog Shelterさんのお世話になりました。


すももとジジのあずかり日記
アイラちゃんの一時預かりをされていたご家庭です。 パパさん、ママさん、そして、すももちゃん、ジジちゃんが、アイラちゃんにたくさんのことを教えてくれました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
はじめまして (1)
毎日のこと (457)
アイラちゃんと旅行 (48)
アイラちゃんとお出かけ&お食事 (46)
誰でも参加できるキャバリアオフ会 (11)
お知らせ (3)
キャバリアグッズ (1)
アイラのグッズ (1)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

みんなのわんこ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

現在の閲覧者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アイラのなう!

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。